杜仲茶とウーロン茶の美容効果

杜仲茶とウーロン茶、なじみのあるお茶で知られています、お茶は全般的に健康にいいのですが、成分はそれぞれ違います。私は普段飲み慣れている杜仲茶とウーロン茶はどのように体にいいのか、調べてみました
① 杜仲茶にはゲニポジド酸という成分があり、脂肪を分解してくれたり、
コレステロールの吸収も抑えてくれます。
食事とともに飲むと、油を分解して燃焼してくれますので、
脂っこいのと一緒に飲むと、いいです。
杜仲茶に入っている植物性ミネラルは中性脂肪の濃度を下げて吸収を抑えてくれますので、
お腹が気になる方は飲んでみてください。
内臓脂肪や中性脂肪コレステロールを下げるのに役立つアディポネクチンという善玉ホルモンを増やす成分も入ってます。また、利尿作用もあり、毒素や老廃物を出してくれます。
杜仲茶の効果的な飲み方は濃くすることです。
でも、濃いと苦いので、冷やすと、苦みもましになります。
名前は中国の「トチュウ」という落葉高木から作られたお茶で樹脂は漢方にも使われてます。
杜仲茶はノンカフェインで成分は他に鉄、亜鉛、カリウム、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB1,B2,B6,ビタミンCなどです。
②ウーロン茶はカテキンやポルフェノールといった虫歯の原因となる、ミュータンス菌を抑えるので、虫歯予防にも飲まれています。
ほかに、タンニンも含まれていて、口内雑菌の繁殖を抑えるという殺菌作用で口臭予防にも役立ってます。
ホットウーロン茶の香りはリラックス効果もありますので、お薦めな飲み方はホットで、香りを楽しみながら、一緒に食事をとることです。
中国の人は中華料理をあんなに食べているのに、痩せているのは、ウーロン茶の
「ウーロン茶重合ポリフェノール」が小腸で脂肪を外に出してくれるからだそうです。
肝臓にもいいので、二日酔いを防ぐために、お酒の〆に飲むのも良いことです。
居酒屋などで楽しく飲んだ後は、みんなでホットウーロン茶を飲みましょう。

テカりを抑え、スキンケアの後にも使えるファンデーション

私は夏になると、テカりが気になります。私が気になるのはやはり、テカりやすいおでこと小鼻です。

なので私はテカりが気になる季節は、インテグレートの「フラットスキンメーカー」を使っています。この商品は「保湿液・ファンデーション」です。私は乾燥肌で、このファンデーションはマットな仕上がりなので、顔全体に塗ると乾燥が気になるので、ファンデーションですが、テカりが気になるおでこと小鼻の部分的にだけ、部分用下地として塗っています。そしてメイクをする時の部分用下地だけでなく、夜のスキンケアの最後の仕上げにも、このファンデーションを使っています。

顔がべたべたしたまま寝るのが苦手なので、スキンケアの最後に少量だけ顔全体に塗っています。少し塗るだけでサラサラした肌になり、ベタベタも気になりません。

このファンデーションは、手に出すと白い液体ですが、顔に塗ると透明になり、肌が少し明るくなる気がします。

ですが先ほども言った通り、仕上がりはマットでサラサラとしています。顔全体に塗るときは、しっかり保湿してからすぐにつけた方が良いです。

メイクを崩れにくくしてくれるので、アイベースとしても使えます。カバー力はそこまでありませんが、肌の凸凹はなくしてくれます。

なので全体的に肌を綺麗に見せてくれる効果はあります。軽くマイクしたいなと思う時には、クレンジングではなく洗顔料で落とせるのでおすすめです。

このファンデーションを塗ると、テカりをしっかり抑えてくれるので、私は夏でもメイク直しをしなくなりました。

そしてなかなか寝る時もつけて大丈夫なファンデーションはないので、私はすごく気に入りました。お泊りの時など大活躍です。

ですがこのファンデーションはマツキヨ限定の商品で、限定発売のみになっています。2016年の2月に初めて発売されて、2017年の2月にリニューアルして再販されました。現在店舗に在庫があるかはわかりません。

ですがもしまた発売されたら、ぜひ一度試してほしいファンデーションです。価格もプチプラで、1000円程で買えるので、手が出しやすいと思います。

お泊りの時や、軽くメイクしたい時、スキンケアの仕上げにすごくおすすめのファンデーションです。