杜仲茶とウーロン茶の美容効果

杜仲茶とウーロン茶、なじみのあるお茶で知られています、お茶は全般的に健康にいいのですが、成分はそれぞれ違います。私は普段飲み慣れている杜仲茶とウーロン茶はどのように体にいいのか、調べてみました
① 杜仲茶にはゲニポジド酸という成分があり、脂肪を分解してくれたり、
コレステロールの吸収も抑えてくれます。
食事とともに飲むと、油を分解して燃焼してくれますので、
脂っこいのと一緒に飲むと、いいです。
杜仲茶に入っている植物性ミネラルは中性脂肪の濃度を下げて吸収を抑えてくれますので、
お腹が気になる方は飲んでみてください。
内臓脂肪や中性脂肪コレステロールを下げるのに役立つアディポネクチンという善玉ホルモンを増やす成分も入ってます。また、利尿作用もあり、毒素や老廃物を出してくれます。
杜仲茶の効果的な飲み方は濃くすることです。
でも、濃いと苦いので、冷やすと、苦みもましになります。
名前は中国の「トチュウ」という落葉高木から作られたお茶で樹脂は漢方にも使われてます。
杜仲茶はノンカフェインで成分は他に鉄、亜鉛、カリウム、カルシウム、マグネシウム、ビタミンB1,B2,B6,ビタミンCなどです。
②ウーロン茶はカテキンやポルフェノールといった虫歯の原因となる、ミュータンス菌を抑えるので、虫歯予防にも飲まれています。
ほかに、タンニンも含まれていて、口内雑菌の繁殖を抑えるという殺菌作用で口臭予防にも役立ってます。
ホットウーロン茶の香りはリラックス効果もありますので、お薦めな飲み方はホットで、香りを楽しみながら、一緒に食事をとることです。
中国の人は中華料理をあんなに食べているのに、痩せているのは、ウーロン茶の
「ウーロン茶重合ポリフェノール」が小腸で脂肪を外に出してくれるからだそうです。
肝臓にもいいので、二日酔いを防ぐために、お酒の〆に飲むのも良いことです。
居酒屋などで楽しく飲んだ後は、みんなでホットウーロン茶を飲みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です