スキンケアもパックも出来る万能クリーム!

私が普段している美容法の中に1つが、ニベアを使った美容法です。
なぜニベアクリームを使うかというと、一番は保湿力の高さとコスパの良さです。でも他にも、ニキビの解消や角栓除去、化粧崩れ防止にも効果的です。

オイリー肌ではなく、乾燥肌なのにニキビが出来てしまうのは、乾燥が原因と言われています。肌が乾燥してしまうと、肌を潤わそうと、皮脂が過剰に分泌してしまい、それがニキビが出来てしまう原因になります。なので元は乾燥が原因で出来ているニキビなので、保湿力を高めるニベアクリームはすごく効果的なのです。

化粧崩れも、皮脂が過剰に分泌して起こってしまいます。なので、メイク前にニベアを塗るのもオススメです。

そしてニベアクリームでパックをすると、毛穴を開き、角栓を取りやすくしてくれます。

そんなニベアパックの方法はすごく簡単で、お風呂ですることが出来ます。最初に普段通り洗顔をします。そして濡れた肌にニベアを塗ります。

この時ケチらずに、たっぷり塗ります。そして15分程置いて洗い流します。洗い流した後、べたつきが気になる時はもう一度洗顔します。これで終了です。ニベアパックをすると、すごくもちもち肌になります。

ニベアクリームには、クリームが少し柔らかめなテクスチャーのチューブタイプと、クリームが硬めの青缶タイプがあるのですが、パックには硬めの青缶がオススメです。

そしてニベアパックは、乾燥肌や普通肌の方にすごく向いています。脂性肌の方はTゾーンを避けて、頬だけに塗るのがおすすめです。

ニベアパックは毎日する必要がなく、週に1度で十分効果を得ることが出来ます。

ニベアの青缶は1つ千円もしないので、シートパックをするよりもコスパも良いです。

ニベアはパックだけでなく、普段のスキンケアにもすごくオススメです。ニベア自体には保湿効果はありませんが、しっかり蓋をしてくれるので、化粧水でたっぷり保湿して、ニベアで蓋をするだけで肌には十分なスキンケアです。必要以上に栄養を与えず、このようにシンプルなスキンケアをすることで、肌の内側から潤うようになり、乾燥肌などの改善にも期待できます。

ニベアは顔だけでなく、髪にも体にも使えるので1つ持っておくととても便利なクリームです。

肌がキレイだと2倍以上増しにキレイ

女性ならツヤ肌はいくつになっても憧れますし、キープしたいと思いますね。
それは、お肌がキレイだなと思える有名人を見ていっそう思います。

素肌美人だと顔全体がパッと明るく華やかになり、とにかく健康美に満ちているように見えるからです。
メイクが上手で損はもちろんないでしょうが、メイクがうまい人よりも素肌のキレイを生かし、お肌美人を引き立てるメイクができた方がもっとおトクに思いますね。

隠すのではなく、いかに魅せるかを重視したメイクの方がダントツ素敵です!
私もツヤ肌キープ&肌ツヤレベル更新には日々取り組んでいます。

毒素を出すための汗をガンガンかくことと、内側の肌である腸内環境にいいものを食べて保湿するのが私流ですね。

一番いいのは好きな運動をしてガッ!といい汗をかいてデトックスをし、フルーツ入りのヨーグルトなどを食べて入浴後にシッカリ保湿すること。これに尽きます!あとはよく眠ることですね。

お肌はコンディションのバロメーターでもありますから、たいていこの実践をして一晩よく眠って起きた翌朝は、鏡越しに映った自分の顔の肌がOK~!という具合にツヤを通して教えてくれます。
これに併せ、この頃は目元の美容習慣が定着してきました。

お風呂上りに保湿をするとき、クリームで滑りがスムーズになった肌の状態を生かして目頭など目元周り全体を軽く伸ばすようにフェイスマッサージをするようにしています。

そのときだけ、今だけ、一時的にだけではなく、顔全体に出した健康的なハリを維持できる時間が長くなることが目標ですね。

あとはもうちょっと夕飯の時間を早めにできることが目標でしょうか。
いくらお肌や体にいいものだからといって、あまり寝る時間の直前に食べてしまうとやはり胃腸に負担がかかり、お肌にもその負担分が反映されてしまうからです。

いいものを今よりもあと1時間早めに食べて、しっかり眠ることを当面の目標に、工夫をしながら美活を楽しく続けていきたいと思います!

マイナススキンケア

20代の頃はいわゆる「美容オタク」で、結婚する前は百貨店内に勤めていた時期もあったので
外資系、国産問わず色々なスキンケア商品を購入しては使用していました。

スキンケア商品といってもフルラインで揃えると結構な数になるんですよね。
クレンジング、洗顔類から化粧水、下手をすると化粧水前のブースター美容液、乳液クリーム類、美容液、目元口元用の美容液など。

当時は独身で実家暮らしだったこともあり、お勤めして稼いだお金はすべて自由に使えたこともあったからできたこと。
結婚して、仕事をやめて当時ほど自由に使えるお金が無くなり、
少しの焦りを感じてインンターネットや雑誌などで、色々な情報を収集していた時に出会ったのが「シンプルスキンケア」でした。

まずクレンジングは薬局で売っているオリブ油などで出来るということ。
洗顔につていも、当時読んだ皮膚科医の方の著書に
「洗顔石鹸に色んな効能が入っていたとしても、結局はすべて排水管に流れるだけ」という記述を読み、目から鱗。

すぐにお手頃価格の石鹸素材そのものの石鹸で洗顔することにしました。
顔に「つけるもの」についてもかなりシンプルに変更して、まず美容液の類はすべて止めてしまいました。
化粧水やクリームもただ目的は保湿のみ。

しかも自分の肌が欲している時だけつけているので、何もつけづに過ごすこともあります。
化粧水を肌にパタパタと叩き込んでも、意外と実際に肌に浸透するのは難しいのだとか。
この方法が良いかどうかは人それぞれだとは思いますが、私には合っていたようです。

色々と顔に塗りこんでいた時期と比べて肌トラブルが少なくなりました。
当時は、あれよこれよと肌の声も聞かずに義務のようにスキンケアをしていたな、と今では思っています。

今は肌の様子を見ながら必要であれば保湿ケア。
そして、時には心身のリラックス感を期待して、お風呂の湯船につかりながらシートパックもしています。

シートパックの効能がどうか、よりも、リラックスが目的です。
時々、そうすることで心や体、お肌が喜んでいる気がするのです。
以前は、スキンケアで悩んだらプラスしていくことばかりを考えていましたが、まさかのマイナスのこの方法。

でも、私には合っていて毎日お肌との会話が楽しみです。
何より、リーズナブルなのも専業主婦の私にはとても嬉しく助かっています。”